CR タイタニック パチンコ攻略

タイタニック 基本スペック

NM−F
通常大当たり確率 1/299.8
確変中大当たり確率 1/29.98
確変突入率 66%(出玉なし確変込み)
賞級数 3&10&14
時短内容 すべての大当たり終了後70回
潜伏確変  あり
大当たり出玉 およそ1280個
大当たり内わけ ヘソ入賞時
15R確変 36%
突然確変(出玉なし・電サポあり) 4%
潜伏確変(出玉なし・電サポあり・初回潜伏) 26%
15R通常 34%

電チュー入賞時
15R確変 66%
15R通常 34%

タイタニック ボーダーライン

換金率/営業形態 NM−F
2.3円 23.4回
2.5円 22.2回
3.0円 20.5回
3.5円 19.6回
4.0円 18.7回

タイタニック モード演出全般

  • 共通モード演出

    通常時のリーチハズレなどからルーレットに移行すると「パニックモード」移行可能性が高くなります。「パニックモード」への移行で潜伏確変or小当りに当選し、「スーパーパニックモード」への移行で潜伏確変が確定します。潜伏確変の判別の仕方について見てゆきますと、「パニックモード」から通常モードへ転落した場合は小当たりとなりますので、逆に言えば、打ち続けてそのまま転落しなければ潜伏確変が確定します。小当たりであれば32回転以内に通常モードへ転落します。

    出玉あり大当り後に潜伏確変状態の場合であれば、次回大当りまで時短が継続しますので、確変の取りこぼしはありません。
    このように、通常時の大当たり後or出玉あり大当たり後の両者の場合、上述のやり方で見分けることが可能なため、面倒な方にとっては取り立ててセグの判別を要しません。

    釘について見てゆきますと、寄り釘によって盤面左側に玉が落ちない仕様か‥を見ますが、全体的に辛めのゲージ構成です。ヘソの上部左右にある両釘が上部左右に傾斜しているかチェックしたいところです。

  • 予告・リーチ演出

    予告演出では、船首で両手を広げたケイト・ウィンスレットを後ろからレオナルド・ディカプリオが支えるシーンなどの「名シーン背景予告」、タイタニック号の船首が上昇する「船首上昇予告」、その他「特報予告」、「雷雲モード」などが信頼度50〜60%。

    12種類ある実写リーチでは、リーチ発展時に上述のような「船首上昇」が伴えば30〜70%オーバーの高信頼度になります。チャンスアップ要素としてタイトルやセリフなどが“赤柄”であり、複合的に発生すれば高期待になります。また、“てんとう虫柄”の出現がリーチ信頼度を大幅アップさせます。

    実写系全回転リーチは4種類あり、奇数絵柄揃いで確変になります。

 ⇒ タイタニック 無料攻略手順
2style.net