ネットワークビジネス/MLMのことを未だにねずみ講だと決め付けている人は、是非お読み下さい。
あなたは、ネットワークビジネス/MLMとねずみ講の違いをご存知ですか?

ネットワークビジネス/MLMとねずみ講の違い
日本では、未だにネットワークビジネス/MLM = ねずみ講だと勘違いしている人やそう思い込んでいる人が多過ぎます。
しかし、そのような人に限って 「 ねずみ講って何? 」 という質問に答えられないのです。
これには、正直ビックリですよね。 既成概念というものに捉われ過ぎているのです。
まずは、ネットワークビジネス/MLMとねずみ講の違いをしっかりと理解して下さい。
この違いを知らないと、いつかきっと 『 損 』 しますよ(笑)。

ネットワークビジネス/MLM
ネットワークビジネスとは、その名の通りネットワークを作り上げることによって収入が発生するビジネス形式のことです。
なお、「 MLMって何? 」 という疑問を抱いていらっしゃる方はいませんか?
MLMとは、マルチ・レベル・マーケティングのことです。
「 響きが良くない! 」 という方がいらっしゃいますが、実は、コレがどれほどメーカーにとっても会員にとってもプラスになることかご存知ですか?

既にご存知の方もいらっしゃるでしょうが、流通が早く、低コストを実現出来るのです。
流通が早いのは、メーカーにとっては嬉しいことですし、低コストで商品を手に入れられる会員にも、当然プラスになりますよね。
ネットワークビジネス/MLMは、メーカーから直接消費者(会員)へ商品が渡ることにより素晴らしい流通経路を生み出しているのです。

ねずみ講
ねずみ講と呼ばれているものには、商品の流通がありません。つまり、お金しか動いていないのです。俗に言う 『 マネーゲーム 』と呼ばれているものです。

例えば、リストの上位○人に▽円振込んだ後に、リストの最上位者を削除し、最下部に自分の名前を載せて宣伝するというようなものがありました。(現在もあるかも?)
このような商法は、比較的低価格(1000円〜2000円程度)な為、飛び付いてしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、絶対に止めて下さい。
商品が存在しないビジネスなど、有り得ないのですから・・・・・。


2style.net