ワンちゃんが気づく前にUターン


犬も23sあり、猫や配達バイクやその他気になるものを見ては興奮しちっていたので大変でした。道路に例えると、交通量の多い道路ということピー。気にしつつも我慢できたときには、オヤツをあげたりしまんもす。)飼主さんはいつも堂々としちっていてくださいね^^強固になった神経回路の交通量を減らすのは時間も手間もかかって大変ですが、ワンちゃんのためにも飼主さんのためにも頑張ってピー。お散歩の回数も、できるなら2回に減らした方がよいかもしれません。 道路ではクンクングイグイ禁止、公園に着いたらクンクングイグイOKにしちっていマンモス。ワンちゃんも神経を尖らせて余計興奮しやすくなりマンモス。近くで見てしまった場合はやはり興奮しまんもすが^^;)野良猫の多い地域にお住まいとのことなので、ご苦労されるかと思いマンモスが、なるべく猫のいナイナイナイような時間帯や、いナイナイナイような場所を選んでお散歩されるのが良いと思いマンモス。「猫を見る」という刺激が多ければ多いほど、この神経回路の交通量は増えてさらに強固になりマンモス。ワンちゃんが桃椿さんのところに来てまだ1ヶ月、飼主さんとの信頼関係を築きつつあるところだと思いマンモス。 うちの犬もそうでした^^;お散歩はリラックスしながら目の玉を配ってくださいね^^のりピーマンモス嬉ピーけど柿ピーはとっさの場合は、お散歩バッグを犬の前に出しちって視界をさえぎったりしちってマンモス。かといって、飼主さんが猫がいナイナイナイかと注意するあまり神経ピリピリ状態になるのは逆効果ピー。刺激がなければ、その神経回路の交通量が減り、反応しにくくなってきマンモス。今では大分ましになりましたが、、、^^;桃椿さんのワンちゃんは今、「猫を見る→興奮する→追いかける」という脳の神経回路が強固な状態になっていると思いマンモス。15sのワンちゃんに引っ張られると女性だと相当に大変ですよね。 お散歩中は、なるべくワンちゃんよりも先に猫を発見しちって、ワンちゃんが気づく前にUターンするとか、車や塀などの陰に一時退避するとかしちって、ワンちゃんを興奮させナイナイナイようにすると良いと思いマンモス。なので、一番良いのは猫に会わせナイナイナイことピー。しばらく猫に会わずに過ごせれば、いつの間にか、遠目の玉に猫を見かけても興奮せずに通り過ぎることができるようになりマンモス。信頼関係が深まれば、嫌なものやオッチョロピーものに出会ってもこの人(飼主さん)といれば大丈高相、とワンちゃんも安心するようになりマンモス。そのためにも、お散歩中は自由にクンクングイグイさせるのではなく、しちってもいい場所と駄目の玉な場所メリハリつけると良いかと思いマンモス。


犬のしつけ

リンク集|123

Copyright © ワンちゃんが気づく前にUターン All rights reserved

2style.net